ORANGE RANGE


Message 1

2011.05.09

 

YAMATO

一生懸命祈って、願って、応援してる。僕だけじゃない。

メンバーは勿論、スタッフも一緒に。

家族、親戚、地元の友達も。

みんな一生懸命思いやってる。

そして、行動したり、考え、それが良い悪いじゃなく、

「みんなの為に」と思いやりの心を持って動いている。

「みんなの為に」と、いっぱい考えている。

無理せず、できる範囲でいいんだ。これも早い遅いじゃなく、

みんなの思い、考えが、それぞれのペースでいいので

どんな形でもいいです。行動してくれたら何よりですし、

たとえ、行動できなくても、ここに集うみんなの思いやりは

僕にも、メンバー、スタッフ、ここに集うみんなにも伝わっている。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

HIROKI

何も出来ない自分にもどかしさを感じますが、

僕らの言葉によって幾分でも救われる人がいるなら何度でも言う。

希望をもって少しずつ前に進んでいこう!

君は一人じゃない!

日本人、世界中の人達が、

被災者の明日に光が射すことを願い、祈っています。

時間はかかるけど、共に頑張っていきましょう!

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

RYO

今回、東北関東大震災で亡くなられた方々へご冥福をお祈りします。

想像を絶する被害をテレビ越しで目の当たりにしながら、

何もできない自分の力のなさを痛いほど痛感しました。

きっと僕たちの出来ることは、

小さな力でも一人一人が皆さんに対し応援する心を強く持ち、

そしてそれを大きな力に変えていく事なのではないかと思います。

こうやってメッセージを直に送ることが第一歩、

わずかながらですが力になれる事を願います。

皆さんのことを世界中の人々が見守っています。

未だ行方不明の方もいる状態、

飲食や物資の不足など大変な状況ですが

どうか多くの人達が助かることを強く願っています。

どうか気持ちを強く持って、乗り越えてください。

遠い沖縄からですが皆さんを応援しています。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

NAOTO

明るい明日があります。

希望をもって一緒に頑張って行きましょう。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

YOH

生まれた悲しみと比べてしまうと小さな力かもしれないけど、

僅かでも支えになれるのなら力を合わせて届けたい。

被災された方々の無事を祈ります。

Message 2

2011.06.05

 

僕らに出来る事、音楽を届ける事。

被災者でありながら自ら救助に向かう人たちを見て衝撃を受けました。

その姿に心動かされ曲を書き下ろしました。

被災地の皆様に元気になってもらいたくて小さな力だけど、

一緒に前に進んで行き一緒に歌いましょう。

無料ダウンロードはこちらのURLより

http://or.spicemusic.jp/range_aid/one/

 

 

Message 3

2012.03.16


今回、郡山に行って感じた事は、被災地と言われている場所の中にもまた格差があるという事。
メディアに取り上げられる町とそうでない町。支援物資が届けられる町とそうでない町。
目に見える被害が少ない町は色々な事が後回しにされているという現状を知って、まだまだや
るべき事はいっぱいあるんだなぁと思いました。微々たる力ではありますが、細く長く関わってい
けたらと思っています。
(HIROKI)




今回参加してとても心を打たれた部分がありました。
今まで自分のできる範囲でやってきた中で、大船渡で炊き出しをしていた時に「歌ってください!」
って言われたことがありました。
その時に、何が一番喜んでくれるだろう?やっぱり歌うことなのかな?って、思いました。
そこからは炊き出しと演奏する時間を作って、小さなお祭りとまでは言えないけど、楽しい空間、
時間になればと思って自分達でやっていました。
今回参加させて頂いて、まさに皆で力を合わせた手作りのお祭りだって感動しました。
JUNEさんとも話しましたが何年後かに思い出した時に、嫌な思い出だけじゃなくて、あのキャンドル
の輝き方だったり、演奏していた音だったり、アーティストのサインでもなんでも、楽しい思い出が残
ってくれたらいいなって思いながらその場にいました。
少なくとも自分の中では一つの素敵な時間として残っています。
ありがとうございました!
(RYO)




LOVE FOR NIPPONに賛同して、福島県郡山市富田町の仮設住宅に行きました。
僕らの歌で笑顔や、元気、勇気や夢など、何かお手伝いできないかと。
でも、逆に現地の皆さんに笑顔や元気をいっぱいもらいました。
地元の皆さんはとても温かく、一緒に過ごせた事をほんとに嬉しく思います。
印象的だったのは家に帰れない皆さんは笑顔でいっぱいでした。
ホントは色々言いたい事いっぱいあるはずなのに…僕らを温かく迎えてくれました。
今日の日を忘れず、思いやり、行動し、続けていけるよう頑張っていきます。
おだがいさまね♪
(YAMATO)




美島福島
うつくしまふくしま
自然が豊かで奇麗な場所が沢山あるからこの言葉があるのではない
勿論場所として奇麗な所は沢山ある
そして原発もある
『うつくしまふくしま』
この言葉を構成しているのは福島の『人間』
そこの部分が大半を占めていると思う
音楽を楽しんで,泣いて、笑っていた
一緒に泣いて笑って、音楽を楽しんで美しい日本を取り戻していきましょう!
(NAOTO)


寒空の中でのLIVEでしたが、住民の方々が僕らの曲を口ずさんでくれたり、キャンドル点灯
にも参加させてもらったりして、僕らも元気をもらいました。
住民の皆さん、チームLOVE FOR NIPPONの皆さん、イベントに関わったすべての皆さん、
素敵な機会を頂き、ありがとうございました。また伺いたいです。
(YOH)