Monique Bingham


Message 1

2011.05.09

 

My deepest condolences to all of those who have lost so much in this unbelievable disaster.

One of my closest and oldest friends in the world is from Tokyo and gave me my first bass guitar lesson.

He is one of the reasons I have a career in music today.

And one of the reasons I felt so connected to Japan the first time I arrived in Shibuya in 2003.

My friend Makoto’s warmth, openness and cultural curiosity became symbolic to me of Japanese people.

That 2003 trip, courtesy of Ryo Watanabe solidified that feeling for me.

To hear my music sung back to me on that first trip to Tokyo was one of the most memorable moments of my entire life.

It is heartbreaking that such a wonderful society has been beset by so much trouble both natural and man-made.

All any of us can do now is try to support Japan with donations as well as learn the environmental lessons from this disaster so that we may challenge our own nation’s political leaders and their ignorance of the danger of nuclear power.

I hope it brings some comfort to the people of Japan to know that the entire world is rooting for you.

Viva Japan!!

May you overcome this difficult time as you have so many times in the past. This too shall pass.

 

今回の災害で被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

私の古くからの親友の一人が日本人で、

初めてのベースのレッスンは彼から受けました。

私が今音楽を仕事にしているのは彼のおかげである部分もあります。

2003年に渋谷にはじめて行った時に、

日本に親しみを感じたのもその彼の為でしょう。

その友人マコトの暖かさ、オープンなところ、

そして文化的な知識欲が私にとっての日本人の印象となり、

また渡辺りょうさんに招いて頂いた2003年のその旅行が

その印象をさらに強める事となりました。

その来日時に私の曲をオーディエンスに歌い返してもらった事は、

私の人生で最も印象深い事の一つです。 

そんな素晴らしい社会が自然災害、そして人によって作られた悲劇で

苦しめられているのを見ると心が痛みます。

今私たちが出来る事は募金、

そしてそれぞれの国の政治家の、原子力の恐ろしさに対する無知に

立ち向かう事が出来るように環境問題を学ぶ事。

世界中の人達のサポートがある、という事を日本の皆さんに

知ってもらえたらと思います。

Viva Japan!!

今迄にもいくつもの困難を乗り越えてくる事が出来たように、

日本がこの大変な時期を克服出来ますように。