Message 1

2011.05.06

 

震災の日。僕はスペインのバスクにいた。

テレビや新聞からは、目を疑うような映像ばかりが届く。

日本から遠く離れて何も出来ない自分に罪悪感を覚えながら、

小さな日本という国に今までにない程の愛おしさを強く感じた。

同時に世界中が日本の復興を心から祈り、

想いを飛ばしてくれている事を肌で感じた。

それは国境や人種や宗教を越えて、

同じ星のイキモノとしての強く美しい祈りだった。

バスク人の友から預かった言葉。

「日本の仲間達に一人じゃないぞ。と伝えてくれ。」

そうだよ、誰もが一人じゃないんだ。

敢えて言いたい。

頑張ろう、日本。

希望の歌を響かせよう。

 

Message 2

2011.06.06

 

各々が自分なりに出来ることを考えています。

状況はとてもハードだけど、一つの希望の先に向かっています。

一刻も早い被災者達の 心の平穏を切に願いつつ

僕には音を鳴らすことしかできないので

それを今まで以上に 心を込めて届けて行きたいと思います。

Music for Future.

心には いつも希望の歌を。

がんばりましょう。 未来のために。

respect & Love