Message 1

2011.06.06

 

この度被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

震災が起きてから2ヶ月が過ぎました。

私達も被災地に足を運びましたが

あの日テレビで見ていた光景からまだまだ変わっていない現状を見て

胸を締め付けられました。

だけどそこにいる人達は

前に進み始めていて

復興に向けて動きだそうとする“笑顔”も“涙”もありました。

1人1人が繋がれば

きっと大きな力になって

大きな1歩になるはず。

大人だけが動けばいいんじゃない、

みんなで支え合って復興に向けて進み始めなきゃいけないんだと

感じています。

1日も早い復興に向けて力を合わせましょう!!

※22日のレポート

私達BRIGHTは、22日宮城の名取市に行ってきました。

あれから2ヶ月。

少しでも、小さい力でも、何か出来ることがあるんじゃないかと…。

私達が宮城に着いて1番初めに向かったのは名取市の市役所。

すごい数の炊き出しテントと、たくさんの笑顔。

私達はたくさんの笑顔にびっくり、、

名取市のみなさんのパワー本当にすごくて、、。

でも、私達も自分達の明るさで元気を届ける。とみんなで誓って、

4人で歌わせて頂きました。

そして、次に向かったのが…津波で一面流されてしまった場所。閖上。

着いた瞬間から涙が止まらなくて…

2ヶ月経っても、たくさんの人の恐怖や悲しみがヒシヒシと伝わってきて…

もう2ヶ月…まだ2ヶ月なんだと、思い知らされました。

それを感じながら、最後に向かったのが避難所。名取市の小学校。

元々は2,300人避難してらした体育館。

今は41人がいらっしゃるそうです。

体育館に入ると、

“さっき市役所で歌ってくれてたお姉さん?”

“また歌ってくれるの?”

“歌ってほしいー”と

たくさん言って頂いて…

急遽アカペラを歌わせてもらうことになりました。

坂本九さんの 「上を向いて歩こう」をアカペラで。

たくさんの笑顔、そして私達の歌で涙するみなさんの顔を見て…本当に、

忘れちゃいけないと感じました。

かアンコールまで頂き…いっぱいみなさんと触れ合うことが出来ました。

最後には、“頑張って”と私達がパワーをもらってしまい…

「また会いに来ます。」と約束して別れました。

3月11日に起きた震災。

その間に…“泣いてばっかりじゃいられない”と、

涙から笑顔やパワーに変えている人達が、こんなにも居るんだ。とパワーを貰ってしまいました。

みなさん一人一人の笑顔の連鎖で、すごいパワーで助けあっていました。

絶対に忘れちゃいけない。

強く思いました。