Message 1

2011.05.06

 

震災から、50日がたってしまいました。

微力ですが、自分なりに出来る事、やっていこう!

と思っています。

私が初めて石巻に行ったのは、46日。

言葉を失うという思いをこの年齢になって、

初めて、経験しました。

私達が行っている地域は、牡鹿半島の小渕浜。

避難所も流され、高台の家で、何人もの家族が暮らしています。

初めて行った時、前の週に、行政がやっとおにぎり100個を

持って来たという事。でも村にいる人は380人。

遠慮して誰も食べず、おにぎりは腐ってしまったそうです。

そこは漁師の村、初めて行った時、私達はけげんそうな態度に

出迎えられ、本当にここに来ても良かったのか、と思った程、、、

でも、帰るとき 漁師の人のひとりに呼びとめられ、

「行政より多い物資、ありがとな!」と一言。

良かった! 役に立ったんだ!とうれしい気持ちになりました。

今、私達は同じエリアに3度足を運び、この間炊き出しをして、

皆さんの笑顔を見る事が出来ました。

やっと、今欲しい物を云ってくれる様になり、少しですが

心が通じ合って来た事を感じています。

こういう場所は、多分たくさんあるだろう!と思います。

同じ星に住む私達。

まだまだ、支援が必要だと、心から感じます。