Message 3

2011.06.06

 

春風@新世界

語り、歌い、踊る 東日本大震災チャリティーパーティー

桜の咲く季節に開催される『春風』のプレパーティーが、

東日本大震災チャリティーパーティーとして新世界で緊急開催!

日時:2011324日(木) 18:00開場/18:00開演

料金: 入場無料/義援金+1drink

場所:新世界

第一部:18:00

42日(土)、3日(日)SPRING LOVE 春風の開催概要の発表

TALK LIVE:春風実行委員有志+ゲスト/

テーマ:原子力発電に関する「再考」 DJYOTA

LIVE

Ucoca

ムッシュかまやつ& 沼澤尚

Likkle Maiex.DRY&HEAVY

和田夫妻

100%LOVE&PEACE

DJ

HF

YOTA

第二部:22:00

DJ

AO INOUEex.DRY&HEAVY

DJ YOGURT

HAMADARAKA

SANDNORM (OVA)

Masahide Ando(SPDLX)

FISHU (MASSIC inc.)

and more

※義援金は新世界が継続的に集めています。 寄付先は相談の上、

新世界H.Pにて発表します。

BALANCE TVUSTREAM)にて、配信予定!

http://www.ustream.tv/channel/balance-stream

Message 4

2011.06.06

 

「ムッシュ、24日の夜とかって何してます?」

「都内で徘徊しております!」

「チャリティーで春風@新世界なんですけど、

デュオで行けたりします?」

「面白そう、是非!」

jah、24日西麻布に夜8時集合で!」

「よろしくお願いします。」

こんな感じでギターを抱えて

どこにでもフラッと皆の前に現れて

ドカーンとギターをかき鳴らして、

思いっきり歌って、

めちゃめちゃ盛り上げて・・・

その後さらにさっさと次に飲みに行っちゃう、

こんな圧倒的にカッコいい72歳はいない。

「家にいないで元気出して外に出ないとね。」

そうだ、僕らは頑張らないと。

怖がってる暇なんてない。

こうやって元気がある人達が各々の場所でどんどん活性化しないと

本当に日本全体が終わっちゃう。

これこそがこの国が生き返るためにするべきことなんだって思った。

あの福島で思いっきり圏内なのに

逃げることすら許されない被災者達が

生きるために懸命に踏ん張ってるのに。

命がけでケーブルをつなごうとして被ばくした人がいるのに。

さっき西麻布の新世界では

ここにいる我々が元気を出してがんばろう、と、

行き場所を探していた皆が

ものすごいエネルギーと笑顔で集まった。

見事に自然と心が通じ合った、驚くほどの盛り上がりと一体感。

当たり前だけど怖いと思ってない人なんていない。

怖いけど、皆それぞれに頑張ってる。

4月2、3日、春風は必ずやります。

皆の元気を何倍増にもして届けるために。

これ本気で乗り越えないと。

来る3月27日(日曜日)

DEEP COVER“のマンスリー@元住吉POWERS2

LOVE FOR NIPPON

NO LOVE , NO LIFE , NO SMILE , NO DANCE !!!

POWERSOPOT vol.15

辻コースケ

DEEP COVER

沼澤尚+森俊之+辻コースケ

MIX by Kamiyann

VJ by DEAD BOYZ

BALANCE TVUSTREAM)にて、配信!

http://www.ustream.tv/channel/balance-stream

そして3月30日はblues.the-butcher-590213@高円寺次郎吉

皆の頑張りと元気を届けます!

Message 5

2011.06.06

 

震災から今日で20日。

福島、いわき、石巻、仙台、八戸にいるたくさんの友人達の様子が徐々に分かってきた。

震災のちょうど一週間前にごちそうになった寿司屋や定食屋は跡形もなくなり、その日に演奏したライブハウスはオーナーをも巻き添えにして・・・見る影もない。

逃げられずに流されていく人々を間近に見ながら最大の恐怖に直面しつつ津波に浚われる寸前で必死に逃げて助かった友人親子。

更地にはならずにすんだものの建物が崩壊した上にボートが突き刺さったままになったのはいつも演奏させてもらうライブハウス。

奥さんと子供を失くし、自分だけ助かってしまった友人。

九死に一生を得たけど避難所で心労とストレスのために父親を失った友人。

自分の知り合い達に自然の脅威が突然襲いかかったこの大惨事の話を聞いて・・・全く出る言葉がない。

「命が助かっただけでも儲けもんだと思っております・・・自分よりも辛い人達がたくさんいますので・・・助かった皆で復興するよう頑張っていきたいと思います!その時は沼澤さんの気持ちいいビートを聴かせて下さい!そして近い将来また沼澤さんと再会できる日を心より楽しみにしております!」

「いつもありがとうございます。また「LOVE FOR NIPPON 」での沼澤さんをはじめ、いろいろな方のメッセージ本当にパワーをいただいております、そして勇気づけられます。今、一歩一歩復興にむけて着実に歩んでおります。「明けない朝は無い」という信念で頑張っていきますので見ていて下さい!沼澤さんのあのビートをまた聴けると思うと本当に楽しみです!」

「マジでヤバかったです…助かった仲間達とがんばって必ず復活しますので沼澤さんもまってて下さい!!

ライブハウス復旧を急ぎます!!ドラムクリニックも…必ず実現しますので沼澤さんまってて下さい。頑張ります(^-^)

これはその彼らから自分に送られてくるメッセージの数々だ。

それもいまだにあの現実とは到底思えない瓦礫の中に立ち、親指を立てている写メ付きで。

家もベッドも電気も水道もガスも・・・冷蔵庫を開ければ食べるものもあるのに・・・未だかつて前例のない出来ごとばかりのせいで・・・誰も本当はどうしていいのか、何をどう伝えていいのかすら分かってないようなありとあらゆる大量の情報や報道のおかげで、やたらビクビクしている自分達が恥ずかしくなる。

3月11日京都にいてそこから西へ西へとツアーが続いていくのと同時に東京での様子がいろいろな所からひっきりなしに入ってきていた。

もう東京には戻れないのかも・・・どころかこのまま放射能汚染で日本が壊滅・・・?

若旦那の背中を見ながらドラムをプレイしていた時に彼が叫んでいた。

「大切だと思う人がいるのなら、それを伝えないと目の前からいなくなってからでは遅いんだ。」

何よりも大切だったことをちゃんと伝えられずに、そして数年間疎遠になってしまっていた一番大切だった人の顔を突然思いだし、もう会うこともないだろうと電話番号と共に削除したのにもかかわらず記憶していたメールアドレスに、返信が来ないと分かっていながら安全なところにいるかどうかをメールしてみる自分がいた。

ところが・・・目の前で地獄を見た被災者達はこんなにも力強い。

こっちが元気をもらってる場合なんかじゃない。

何が起こっているのかを自分のいるべき場所で考えなきゃ。

被災しなかった僕ら一人一人がここでとにかく元気を出して、それぞれが目の前のやるべきことに全力で立ち向かいながら、皆でこの国を立て直さないことには。

自分達が今生きているというのはそういうことなんだと思う。

そして・・・

今週末桜が満開になる代々木公園で東日本地震チャリティー「SPRING LOVE 春風」が開催決定。

以下主催者からの詳細です。

本当に今年も代々木公園で出来るの? と、誰もが思っていた「SPRING LOVE~春風2011~」ですが、このたび、春風実行委員会は、4月2日(土)、3日(日)に予定しておりました「SPRING LOVE~春風2011~」を、当初の 予定通り代々木公園で開催することを決定いたしました。

開催のためにご尽力いただきましたアーティストや関係者のみなさん、そして何より春風をいつも応援してくださる参加者のみなさん、ありがとうございます。

●今年のテーマについて

みなさんご存知のように、現在日本は大変なことになっております。震災・津波により、東日本の方々は甚大な被害にあわれています。わたしたち被災していない地域の人間が、災害にあわれた地域の方々に援助の手を差しのべなければなりません。

そこで今年の春風は、従来のテーマ「 音楽、芸術を媒体とし、人間共通の環境、平和、人権問題に興味を持ってもらう 」に、「被災された方々への支援、義援」さらにはこの災害に暗 い影を落とし続ける「原発に関しての再考」を加えての開催になります。

参加するみなさんもこれらのテーマを意識しながら、春風を楽しんでください。

●今年の開催イメージ

現在、電源、資材、燃料などが、もっとも優先されるべきところへ供給されているため、今年の「SPRING LOVE~春風2011~」はできるだけシンプルなかたちでの開催を目指しま す。

ひとつは太陽光発電などを使い、なるべく人や環境に負担のかからないやり方すること。

4月2日(土)は震災でお亡くなりになった方々への祈りの日。

もうひとつは、開催にかかる費用をなるべく減らして、義援金にすること。

当初はステージを増やしたり、キッズエリアを拡大したり、会場も大きくなる予定でした。

ですが、今年はその費用もなるべく被災者への義援金にあてたいと考えています。

ステージは昨年と同じ2ステージ、授乳室付きのキッズエリアは、もちろんあります。

暖かくて美味しい食事や飲み物も出来るだけ準備します。

だけど、快適にすごす為のベンチや照明などは用意できません。

敷物やアウトドア用チェアー、電灯やロウソクなど、各自で持ち込みをお願いします。

集まった義援金の送り先は、有意義に使ってくれる複数のボランティア団体を検討中です。決定次第、HPで報告します。

SPRING LOVE~春風2011

@ 代々木公園野外ステージ *雨天決行

入場料:Free+義援金

出演予定アーティスト(順不同)

ムッシュかまやつ

Leyona

永井ホトケ隆

沼澤尚

辻コースケ

鬼怒無月

Kamiyann

NAOITO

SUGEE

feat.寂空(津軽三味線)

越野竜太

ANBASSA

火男

100% LOVE PEACE PARADE

& more

◎4月2日(土)13:00~日没

【祈り/鎮魂祭】

☆東日本大震災でお亡くなりになった方々への鎮魂

☆犠牲者の冥福を祈る「祭壇」作り

☆亀淵友香&VOJAによる祈りの歌

SPRINGステージ:アコースティック・ライブ&トーク

LOVEステージ:アコースティック・ライブ&トーク&DJ

◎4月3日(日)12:00~20:00(日没までの開催になる可能性もございます)

【未来の為にできること】

SPRINGステージ:トーク&ライブ

LOVEステージ:トーク&DJ&ライブ

☆ソーラー発電による、名前のないパレード

☆けやき並木にて、東京朝市アースデイマーケットも開催します(10:0016:00*雨天中止)

http://www.earthdaymarket.com/

*会場へは、なるべく電車・バス等の公共交通機関を利用して下さい。

*計画停電で交通機関の混乱が起こる可能性があります。余裕を持ってご来場下さい。

*依然として余震や原発での作業は続いています。報道機関などの情報をご確認の上、充分に注意してお出かけください。

◎最新情報は、春風HPで随時ご報告いたします。

http://www.balance-web.com/harukaze/

震災後、逢っていない友人や家族、仲間達を誘って、桜咲く代々木公園に来てください。

みんなに顔を見せて、安心させてください。みんなの顔を見て、安心しに来てください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

2011年3月28日 SPRING LOVE~春風2011~実行委員会一同

 

Message 6

2011.06.06

 

連日メディアの情報と友人達との連絡で

何が起こっているのかを把握しながら、

自分は普段の生活をとにかく精一杯頑張ろうという思いで

毎日ドラムに向かっている。

各現場で分かることはいかに多くの皆が個人個人で被災地へ赴いて

可能な限りの援助をし続けているかということ。

つまり、見えない、知られていない、

報告なんてもちろんされないレベルで皆動きまくっているのだ。

この匿名性のある多くの人々の力は

本当に何よりも強いことを痛感したここ二週間くらいに、

被災地の真っ只中で戦い続けてる友人たちから

生音で僕のドラム聴かせてくれないか、なんていう驚きの誘いが来た。

避難所や神社やこの状況で営業を再開したカフェなどでとのこと。

自分のドラムなんかでよかったらもちろん喜んでということで

パーカッションの辻コースケくんと二人で

遅ればせながら5/1に出発する。

栗山米菓から快く提供して頂いた大量の「ばかうけ」を積んで。

現地のお昼時の炊き出しの手伝いをしつつ、

頑張っている皆に少しの時間踊ってもらえるように。

さらにブルース・ザ・ブッチャーも

6/11から石巻、佐野、いわきへ出動が決定。

NO LOVE,NO LIFE,NO SMILE,NO DANCE…「愛があれば大丈夫」

沼澤尚&辻コースケ percussion sessionIMPACT

5/2 石巻市図書館

5/3 登米CAFE GATI

彼女の楽曲にもあるが

LOVE“と“SMILE“の伝道師=Leyonaにならって

こんなタイトルで精一杯演奏してくるつもりだ。

この国家的危機に直面してから今まで彼女の意識と行動には

本当に助けられてきた。

一瞬にして雲を取り払ってくれるようなマジックがあるというか、

正に彼女が言い続けてきた=MUSIC IS MAGIC“というか。

この震災は

ありとあらゆる意味で人々を覚醒させているような気がするのだ。

そんなLeyonaを筆頭に

LOVE FOR NIPPON ALL STAR SESSION

以下のメンバーで5/22横浜赤レンガ倉庫で開催される

GREENROOM FESTIVALの大トリを務めることになった!

http://www.greenroom.jp/

Candle JUNE

MINMI

若旦那

Leyona

ムッシュかまやつ

佐藤タイジ

西滝太

森俊之

石井マサユキ

中條卓

沼澤尚

田鹿健太

辻コースケ

エマーソン北村

and many more

当日はLOVE FOR NIPPONのフリーマーケットも登場。

相次ぐ外人アーティスト達の来日キャンセルがある中、

出演アーティスト&ミュージシャン、

そして来てくれる皆と思い切りひとつになって

頑張りとエネルギーを届ける瞬間。

これから先に立ちはだかるありとあらゆる難関に向かって

どれだけの年月がかかろうと、

LOVE FOR NIPPONはもちろん、

見えていないたくさんの人々の応援は続いていくのだと思う。

Message 7

2011.06.06

 

それにしても…実際に本当に壊滅してしまった被災地へ行って、

今そこに立って初めて理解できるのは各地であらゆる状況が異なること、

メディアはもちろん知り合いや人づてに聞いて思ったことと

まるで違うこと、

ああだこうだといろいろといくら言われようが、

本当にそこで何が起こったかを

その場で「感じる」こととは訳が違うということだった。

驚愕…以外の何ものでもない。

自分自身で何を感じ取って何を思うのか…

その場に立ってその空気そのものを体感して、

そしてこの大惨事から文字通り九死に一生を得て生き残った彼等が

正にこの世の終わりと感じた体験談の数々を

それを物語る目を見ながら聴くことで初めて理解できる恐怖…。

彼らの生きるエネルギーと強さは本当に計り知れない。

簡単に被災地訪問だなんて彼らに呼ばれるがままに

のこのこと勇んでドラムをプレイしに行った自分だったが、

彼らに元気を与えるどころか

全く真逆に彼らの真のピュアなエネルギーとパワーと暖かさに

ただただ感激してしまう始末…

皆のために行ったのに、

結果的に自分自身のために呼ばれたってこと…?

すべての出来事には必ずその理由があるはずと信じてきた自分だったが、

これは一体どんな理由でこんなことが起きてしまったんだろう。

全人類が覚醒するため?

人々がエゴを捨てて進化して真実を見極めるため…

世界中の人々が突然ものすごい勢いで考えているのは間違いない。

これがどういう意味なのか、生き残った我々の行動次第で

いかようにもその意味が変わってきてしまうんだろうか。

生きている実感を生まれて初めて感じているかのような。

生きているからには

自分の意思でそれぞれやるべきことに全力で立ち向かうしかない。

なんてことを常に考えながら…

休み無く毎日毎日もちろんスティックを握っている。

そして今週末はたくさんの想いと皆のまとまった波動を届けるべく…

山梨県道志の森ではNATURAL HIGH

20日にDEEP COVERと東田トモヒロ/沼澤尚、

21日は沼澤尚&辻コースケwith梅津和時・鬼怒無月

22日横浜赤レンガ倉庫では

LOVE FOR NIPPON フリーマーケットも登場する

GREENROOM FESTIVAL

シアターブルックと、

そしていよいよLOVE FOR NIPPON SPECIAL SESSION

この日の最後を飾ります。

Candle JUNE

MINMI

若旦那

Leyona

ムッシュかまやつ

佐藤タイジ

西滝太

森俊之

石井マサユキ

中條卓

沼澤尚

田鹿健太

辻コースケ

エマーソン北村

and more surprise guests

今週末ここに集まることが出来る皆全員で一丸となり、

可能な限りパワフルなエネルギーを届けることが出来たらと

願っています。