Message 1

2011.05.09

 

3月11日

まさかこんな事が僕達の国にふりかかろうとは夢にも想っていませんでした。

地震も、津波も、原発も・・・  

そして死や生きるという事もどこか曖昧でぼんやりしていたように思います。

僕はファッションを業いにして生きています。

こんな時、僕にできる事はあまりに無力で小さい。

でも、歌を唄う人、ご飯を作る人、

瓦礫を片付ける人、命を繋ぐ人、祈る人、募金する人・・・

声をかけ、励まし合う-たくさんの人のそれぞれの力に本当に励まされた。

被災地の方々の本当の傷みも苦しみもそしてこれからの人生もそっと寄り添い、

想いを馳せる事ぐらいしか出来ないけれど、

その小さな光が必ず繋がっていく事を信じています。

この復興は長期戦です。

今一度、生きるということ     

生かされるということ

 

そして、 助け合うとういう事を真剣に考えてみようと思っています。

LOVE For Nippon

僕はこの国を愛しています。

未来に向けて

未来を向いて-